2012年10月31日

【ザ・カンフルジョッキー】2012年カシオペアステークス

2012y10m28d_203105671_2.png


2012年10月28日 京都11R カシオペアステークス
1着(1)リルダヴァル(池添謙一) 2番人気
2着(6)ダノンバラード(安藤勝己) 3番人気
馬連(1)=(6) 970円


 東京競馬場の『オープン型レーシングセミナー』向けに用意していた予想。人気サイドではありましたが、若い馬と前走好走馬が強いレースである点とザ・カンフルジョッキー的に信頼できるコンビが見当たらない点を上手く勘案してこの3点に絞り込めたのは良かったと思います。
 誤算はただひとつ。天皇賞(秋)予想が押した結果、この予想をイベントで披露することができなかった点だけです……。

2012年10月30日

2012年香港国際競走に登録した日本調教馬の香港名

 土屋真光さんのツイートによると、香港国際競走に登録した日本調教馬の香港名が一部発表されたようです。




浪琴表香港國際賽事報名馬匹名單 - 賽馬新聞 - 賽馬資訊 - 香港賽馬會
http://www.hkjc.com/chinese/corporate/racing_news_item.asp?in_file=/chinese/news/2012-10/news_2012102901349.html

 せっかくなので、香港名が付記されていた日本調教馬を抜粋してみました。文字化けや抜け、変更があるかもしれませんので、詳しくは主催者発表をご確認ください。

榮進閃耀 エイシンフラッシュ
功夫巨星 オウケンブルースリ
大洋波士 オセアニアボス
真機伶  カレンチャン
機伶獵駒 カレンブラックヒル
大獎天使 グランプリエンゼル
大賽波士 グランプリボス
宇宙感應 コスモセンサー
瑞士名錶 サダムパテック
聖卡羅  サンカルロ
網絡電郵 ジャガーメイル
國際高球 シルポート
恒星風  ステラウインド
強勁回報 ストロングリターン
夜之影  ダークシャドウ
衝鋒駿驥 ダッシャーゴーゴー
碧海銀鯊 ダノンシャーク
始創先鋒 トレイルブレイザー
三人共舞 パドトロワ
五花馬  フィフスペトル
聯邦之威 フェデラリスト
喜利靈犬 ヘニーハウンド
實際影響 リアルインパクト
統治地位 ルーラーシップ
龍王   ロードカナロア

 カレンブラックヒルは「機伶獵駒」ですか。「機伶」=カレン軍団の香港名はどれもカッコいいので、今後も遠征できるような活躍馬がどんどん出てほしいと思います。
 あとは「瑞士名錶」=サダムパテック、「衝鋒駿驥」=ダッシャーゴーゴー、「碧海銀鯊」=ダノンシャーク、「龍王」=ロードカナロアあたりも見映えがいい香港名を貰ったな、という印象。まぁ、「宇宙感應」=コスモセンサーくらいわかりやすいのも味わい深くて好きですが(笑)。

2012年10月29日

【ザ・カンフルジョッキー】2012年河口湖特別

2012y10m28d_203034281_2.png


2012y10m28d_203045062_2.png


2012年10月28日 東京09R 河口湖特別
1着(2)ウォータールルド(内田博幸) 1番人気
2着(10)トキノエクセレント(福永祐一) 2番人気
3着(6)スズカセクレターボ(石橋脩) 4番人気
3連複(2)=(6)=(10) 890円


 昨日のエントリにも書いた通り、1000万下から上のクラスに限ると有利な脚質がハッキリしていた今年の4回東京ダート1400m。もっとも、(16)スノードラゴンの出走取消で当初思い描いていたプランが崩れてしまいました。上記の他に(1)タマブラックホール(5番人気4着)と(10)トキノエクセレントからも2頭軸でながしていて、配当的にはむしろそちらが本線。結果的にトリガミを逃れるのがやっとだった点は反省しないといけません。(3)エイコオウイング(3番人気)が止まるところまでは想像通りでしたけど、(6)スズカセクレターボが残ってしまった&(1)タマブラックホールが届かなかったのは降雨の影響ですかねぇ。

2012年10月28日

【ザ・カンフルジョッキー】2012年三峰山特別

2012y10m28d_203123437_2.png


2012年10月28日 東京12R 三峰山特別
1着(11)オールドパサデナ(横山典弘) 2番人気
2着(12)エステーラブ(吉田豊) 5番人気
馬連(11)=(12) 2,860円


 今日は東京競馬場の『オープン型レーシングセミナー』に出演させていただきましたが、一番イイ予想ができたのはこのレースですかねぇ。ジャンピングチャンス中だったので儲けもそれなりでした。まぁ、もともとは勝負レースに設定していませんでしたし、イベントもレース発走前に終わっていたので褒めてもらえませんでしたが……。
 (11)オールドパサデナも(12)エステーラブもジョッキーとの相性にはまったく不安のなかった馬。また、今年の4回東京ダートは1000万下から上のクラスに限るとどのコースも有利な脚質がハッキリしていた印象です。来週からの5回東京でも引き続き狙っていけるんじゃないでしょうか。

2012年10月27日

明日10月28日(日)の東京競馬場『オープン型レーシングセミナー』に伊吹雅也が出演!

 再度の告知となりますが、明日10月28日(日)の東京競馬場『オープン型レーシングセミナー』に伊吹雅也が出演致します。ご来場予定の皆様、ひとつ宜しくお願い致します。

天覧競馬当日の東京競馬場『オープン型レーシングセミナー』に伊吹雅也が出演!: 伊吹雅也とビールを飲もうじゃないか
http://ibukist.seesaa.net/article/298680557.html

秋の東京は近代競馬150周年記念イベントが目白押し!【第4回東京競馬開催日イベント】
○レース予想のヒントに!オープン型レーシングセミナー
http://www.jra.go.jp/news/201209/092904.html#4_1

 くどいようですが、明日10月28日(日)は1899年、2005年に続く史上3度目の天覧競馬です。また、天皇賞(秋)の表彰式プレゼンターとして眞鍋かをりさんが来場し、『オープン型レーシングセミナー』第一部(11:35頃〜)にもゲスト出演していただく予定となっております。……正直「私はその場にいてもいいんでしょうか?」と各所に確認したくなるくらい特別な一日で、場違いなカンジを悟られないよう背景に徹していたいところではありますが、背景なりの存在感はアピールすべくいろいろと準備しておりますので、お時間のある方はぜひ覘いてみてください。
 っていうか、明日は個人的に興味を惹かれるイベントがたくさんあるなぁ。『オープン型レーシングセミナー』がなければ客として存分に楽しめたでしょうし、ちょっと複雑です(笑)。

○近代競馬150周年記念・スペシャルトークショー
http://www.jra.go.jp/news/201209/092904.html#1_1

○東北地方の伝統馬事芸能「チャグチャグ馬コ」「相馬野馬追」がやってくる!
http://www.jra.go.jp/news/201209/092904.html#1_3

○天皇賞(秋)(GI)当日は生ファンファーレを演奏
http://www.jra.go.jp/news/201209/092904.html#1_4

○近代競馬150周年記念・メモリアル投票券発売
http://www.jra.go.jp/news/201209/092904.html#1_7

○2012年天皇賞(秋)(GI)東京競馬場限定グッズ販売
http://www.jra.go.jp/news/201209/092904.html#6_8
posted by 伊吹雅也 at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | OSHIRASE IN MY HEAD(競馬:広報) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

出川塁さんが新著『万券術セカンドチャンス!』をリリース!

 公私とも大変お世話になっている出川塁先輩の単行本『万券術セカンドチャンス!』(KKベストセラーズ)が本日発売となりました。

出川塁 (DegawaRui) on Twitter
https://twitter.com/DegawaRui

万券術 セカンドチャンス!
http://saikyo2ndchance.blog.fc2.com/


内容紹介
激走する差し馬は“セカンドチャンス発生レース"で生まれ、大駆けする先行馬は“アナザーチャンス発生レース"から生まれる! この2パターンの穴馬量産レースを見極めが可能だから、万馬券が当たり続ける!! これは競馬の真理を突いた馬券術だ。
内容(「BOOK」データベースより)
季節、天気、馬場、展開…すべて不問で穴が獲れる。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
出川塁
1977年熊本県出身。上智大学文学部卒業後、出版社2社で競馬専門誌、競馬書籍の編集に携わり、2007年からフリーライターに。『競馬最強の法則』に数多く寄稿するほか、出版社勤務時代を含めて制作に関わった競馬書籍は多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


 ひと足先に拝読しましたが、シンプルな馬券作戦の中に競馬予想のイロハとも言えるエッセンスが詰め込まれており、ベテランのみならずビギナーの皆さんにも勧めてみたい一冊です。どんな方が読んでも「穴馬券を獲るっていうのはこういうことなのか」とすんなり理解できる良書だと思います。
 また、『競馬最強の法則』誌上での約1年に渡る連載がベースということもあり、馬券作戦としてブラッシュアップされていく過程を一切包み隠さずに公開している点も個人的には好印象。既にご自身のスタイルを確立している方であっても、自分の武器をどう進化させていくかという点において格好のお手本となるんじゃないでしょうか。著者である出川塁先輩のお人柄がそのまま表れたような、頼もしさと誠実さを非常に高いレベルで兼ね備えている“馬券本”です。
 ご興味のある方はぜひどうぞ。